11/4三連休の中日に長尾洋史先生による室内楽勉強会を開催いたしました。この会も今回で3回目となりました。今回もバイオリンとチェロとのピアノトリオを中心に、ギロックの編曲作品からクライスラー、モーツァルトの名曲、ベートーベンのバイオリンソナタ春など、沢山の曲をご指導いただきました。初めての生徒さんたちは生で聴く弦の迫力に圧倒されていましたが、演奏はとても堂々としていて、大変頼もしく思いました。2回目、3回目の受講生は随分と慣れてきて、アインザッツや曲の終わりを上手く合わせられるようになってきました。ベートーベンやモーツァルトの作品はトリオのピアノパートもそれぞれのピアノソナタを弾くのと同じくらい弾きごたえがあります。長尾先生からはピアノを学ぶ上で家庭環境が大切であること、スタイルにあった奏法、テンポの設定、タッチ、ペダリング、ソルフェージュ的なこと、調性に関することなど、多岐にわたりご指導いただきました。ピアニストだからこその貴重なお話を沢山伺うことができました。また先生方によるクライスラー、メンデルスゾーンのデモ演奏を聴くこともでき大変贅沢な時間となりました。5回目にはコンサートをやりたいな(°▽°)

初参加の友理ちゃん、ギロックの作品を素敵に演奏しました
学校のイベントでお友達のバイオリンと共演した内田愛ちゃん、慣れたものです🎵
前回最年少参加だった田口知実さんもすっかりお姉さんになりました
愛の悲しみ🎵とっても素敵に演奏できました✨

全員集合🎵また来年もお楽しみに✨