ピティナの企画で作曲家の新曲を演奏し、作った本人のレッスンを受けるというイベントに参加しました!清水美優さんと船嵜詩央里さんの連弾で都平有美先生の「虹の向こうに」という曲を演奏しました。年が明けてから毎週合わせをし、じっくりと曲を作り上げ、かなり完成度高く仕上がり本番も美しい音でバランス良く弾くことができました。先生のお考えと私たちがイメージしていたものは少し違っていましたが、曲は作曲家の手を離れた途端、色々な可能性を秘めながら新しい息吹が吹き込まれ、一人歩きを始めます。それは作曲家が意図したものより、もっとドラマティックで魅力的なものかもしれません。ほかの作品もそれぞれに作曲家の先生方が様々な思いと、創意工夫を凝らした個性豊かな力作ばかりで、大変楽しい時間を過ごすことができました。