もう気づけば1月もあと一週間になってしまいました。年始もいろいろと嬉しい事、楽しいことがありましたのでまとめてご報告です^_^

《ショパンコンクール in Asia》

今年も年始はこのコンクールから始まりました。今年は3名の方がアジア大会に進出して、1、2年生部門でお2人の方が入賞されました!おめでとうございます!ワルツやポロネーズ、マズルカなど生涯学べる珠玉のショパン作品のお勉強のスタートラインに立ったところです。ショパンはその作品のすべてにピアノが使われています。ピアノという楽器からどれだけの可能性を引き出せるか、弾き手はどんなタッチ、テクニックで演奏するのか?指導者としても弟子たちにピアノの弾き方、ショパン作品の演奏法を伝授したことで知られています。演奏の技術を高める上で、避けて通れない作曲家です。そしてエチュードなどテクニックを磨く作品もすべてが音楽的で魅力的な作品となっています。これから一曲でも多くショパンの美しい曲を勉強していきましょう!