ブログ

2月に入ってから私たちは『新型コロナウィルス』という肺炎を引き起こす目に見えない脅威にさらされています。疫病が流行り多くの方が亡くなった。。という昔話はにわかに現実のモノとなり。。。震災や台風など天災と呼ばれるものには多少なりとも対策や復興という知恵が備わっている私たちにとって、まったく想定しない流行り病の蔓延の危機…。これにより集団感染を防ぐために密閉された空間に人が集まるという行為の自粛、また国を跨いでの移動などが制限され結果的に多くのコンサートが中止となっています。そんな中、3/21(祝)第一生命ホールで今年もピティナの入賞者記念コンサートが開催されました✨客席は関係者のみ、あとは映像のストリーミング配信という形での開催となりました。

昨年に続き安井友理さんが出演されました。今年はC級金賞(小学5、6年以下部門)ということで、ほかは皆さん高学年で、一際小さい小3の友理ちゃんですが、秋以降深く深く勉強を積んできたラヴェルのソナチネを立派に演奏することができました。音数も多くピアノのコンディションにも左右されやすい選曲ではありましたが、感染予防のため湿度60%というホールの環境の中で何とか自分の出したい音を求めて頑張りました♫演奏後のインタビューでもしっかりと受け答えをし「今後弾いてみたい曲は?」の質問に「プロコフィエフの戦争ソナタです!」とサッと応え✨再度しっかりと客席にもお辞儀ができた満点のパフォーマンスでした♫2回目の落ち着きなのかとても堂々として立派でした。客席は関係者のみ。。ということで少し寂しかったのですがお友達やステーションのお仲間、セカンドレッスンをして下さっている上野優子先生も駆けつけてくださいました♡

こんな状況下でコンサート開催することも本当に大きな決断だったと思いますが、子ども達は皆この夢の舞台を心から楽しんでいました✨一日も早い収束を願うばかりです。。

投稿がちょっと前後してしまいそうですが。。嬉しいお知らせ♡2/11祝バッハコンクール全国大会3、4年生C部門で金賞とベスト賞をいただきました。C部門はインヴェンションを弾く部門です。中学受験の準備もしながらよく頑張ったと思います。審査員の先生の『シンプルだかからこそ美しさが引き立っています♡』というコメントに感激しました♫そこはいつも目指していること。。本来の曲の持つ良さが伝えられる演奏を目指して指導していますので、そこが評価していただけたことが何より嬉しかったです♡彼はほかのお教室から移って来て一年半。。前のお教室でインヴェンションほぼ全曲終わっていたのが強みです♫これからも応援しています!

連投です。。2020年令和2年も穏やかに明けました。いつもと変わらない年始でしたが、それが何より幸せなことですね♫昨年はたくさんのミラクルに恵まれ。。色々と忘れられない年になりました。ピアノ教室を主宰している身としては生徒さんたちの大きな飛躍が本当に嬉しく。。さらに精進していかなくては。。と思います。

昨年よりセカンドレッスンをお願いしている菅原望先生が我が家で小さなコンサートをしてくださいました♡レッスンも本当に素晴らしく。。レッスンをしていただいた生徒さん全員が菅原先生の大ファンになっております。ピアニストの菅原先生が身近で演奏をしてくださるという夢のような時間となりました。。。感動が大きく。。多くは語れません(*^^*)お人柄そのままの優しい音色でショパンのノクターン2曲、ワルツを4曲弾いてくださいました♡演奏後懇親会にも顔を出して下さりゲームなどしてとても楽しい時間を過ごしました。

気がつけば2020年も2月に入ってしまいました。インフルエンザも去ることながら今年は新型の肺炎の脅威にも脅かされ。。心配事が尽きないですね。何をするにも健康が第一です。一年で最も寒いこの時期…食事と睡眠に気をつけて何とか元気で乗り切りたいですね。

さてすっかり更新が遅くなりましたが年末に発表会が終わりました。今年もソロに二台ピアノ♫盛りだくさんのプログラムとなりました。細々と続けている高校生や大学生になってもステージに立ってくれる生徒さんたちの出演がとても嬉しかったです。

スタインウェイコンクール✨地区大会✨A,B カテゴリーで最優秀賞✨Cカテゴリーで優秀賞をいただきました♫最優秀を出さない地区もあるほどハイレヴェルなコンクールです♡それぞれにベストを尽くせたと思います✨次点の優秀賞Hちゃん✨部門内最年少で優秀賞は立派です♫今日はAカテゴリーで最優秀賞のRちゃんが立派な褒賞を見せてくれました💕

気付けば色付いた葉っぱたちも落ち。。晩秋に🍁生徒さんたち✨秋は自由曲のコンクールを頑張っています♡

ラフマニノフコンクールC部門一位をいただきました✨パリまたはジョージアでの褒賞コンサートに参加できるそうです♡おめでとうございます㊗️ロシア作品賞もいただき嬉しい限りです😃付き添いはできませんでしたが、ひと足早いクリスマス仕様のチョコレート✨嬉しいです♡

9月に入りほんの少し秋の気配が感じられるようになりました。ピティナのコンペティションも決勝が終わるまでは緊張と興奮で眠れない日々を過ごしておりましたが、ここのところようやく元の生活が戻って来ました。秋以降の審査やセミナーのご依頼もいただき気を引き締めております。

さて今年のコンペティションも生徒さんの金賞受賞に伴い特別指導者賞をいただきました。まったく身に余る光栄で昨年に引き続きということで喜びもひとしおです。数万人が受けるコンクールで本当に頂点に立てるのは一握りです。地区本選から決勝大会への進出も20倍〜25倍という高倍率(80〜90人から4人程度進出)で、さらに決勝で金賞というのも100名から4名という本当に狭き門なのです。その快挙を2年連続でしかも今年は飛び級で成し遂げた生徒さんには只々感服しています。頑張ったのはご本人やご家族で私は本当に音楽に真摯に向き合うことだけを考え、すべての曲がもっとも美しく、楽しく、魅力的に聴こえるようにとそれだけを伝え続けてきました。昨年もですが、決勝の舞台では私の指導を超え、すべての曲をしっかりとしたイメージをもって自分の言葉で演奏してくださいました。そのことが素晴らしい結果に繋がったと思います。まだコンペ指導に関わって10年余りですが素晴らしい生徒さんとの出会いに感謝すると同時に、この賞を励みにもっともっと勉強していかなくてはと思います。2020年2月2日に教室内のガラコンサートを予定しています。どうぞお楽しみに♫

今年は梅雨明けが遅く、暑くなるのが遅かったせいか、8月に入った途端にやってきた猛暑に体が付いて行かず前半でかなり体力を消耗したように思います。それでも7/21、全国で一番早いD級の本選で見事に長井遥香さんが一位で決勝進出を決めてくれて本当に嬉しかったです。その後も東日本2でB級の内田愛さん、同じ日に神奈川でC級の田口知実さんが決まり、続けてB級松田美桜さん、斎藤明倫さん、C級の安井友理さんと、ソロばかりで6名が全国決勝大会に進出しました。また元門下生のNさんもF級で本選第1位で決まり、次々と寄せられる朗報を本当に嬉しく思いました。決勝の当日は審査と重なってしまったり、同じ時間帯にかぶってしまったり。。と3人の演奏を聴くことしか出来なかったのですが、皆さんが渾身の演奏をされとても感動的でした。会場の大きさやピアノとの相性もあり、楽器を鳴らす!ということが大きな課題だと感じました。A 1級もB級も大手町の読売ホールは本当にピアノが鳴らず、上位は9割男子という驚きの結果でした。会場が違ったら本当に結果がまた違ったのではないかと思います。例年ですが、予選から本選、決勝まで本当によく頑張ったと思います。暑い中サポートくださったご家族の皆さんにも心より御礼申し上げます。また惜しくも入賞出来なかった方たちも、また次のチャンスを期待して頑張ってほしいと思います。

7月の後半にイタリアのイモラで毎年行われているフェスティバルに生徒さんが参加しました!この春オーデションを受けて一部奨学金をいただきことができ、現地でのマスタークラスや選抜のコンサートなど、とても素晴らしい経験をされました。本場のスカルラッティ の弾き方を教えていただいたり、ヨーロッパ式のお辞儀にもチャレンジ✨同年代の参加者の方々からも沢山の刺激をいただいたようです。ちょうど夏のコンペティションのシーズンでもあり帯同が叶いませんでしたが、次回はぜひ一緒に行きたいと思います♫

今年もコンペシーズンに突入で、何かと気忙しくブログも更新も怠っておりました💦一気に書きます!

5/19 八木都先生が代表を務める川口アマービレステーションのステップにお邪魔しました!コンペの課題曲のワンポイントレッスンをさせていただき、私自身も大変勉強になりました。素晴らしいおもてなしの数々に感激しました♫