年が明けたと思ったのも束の間。。気が付けば2月も半ばになってしまいました。インフルエンザなどこの時期心配なアレコレもありますが、陽射しは日増しに暖かく感じられるようになり、確実に春が近づいています?

先週末はバッハコンクール、3,4年生B部門の全国大会を審査させていただきました。200名の進出者のうち8割の方はインヴェンションを弾きました。まだインヴェンションを始めたばかりの方が大半だったように思います。選択曲も1番、8番、13番などシャープやフラットの少ない調を選んでいる方が多かったです。さすが全国大会です!皆さんよく勉強されていて、私自身もたいへん勉強になりました?

インヴェンション15曲には様々なタイプがあります。大きくは3拍子系の舞曲タイプとカンタービレ奏法が必要とされる歌うタイプの曲に分かれます。舞曲タイプの曲を弾かれている方は、やはり拍節感が重要なポイントになります。拍の中の表と裏も感じられる事が大切です!拍を感じて弾くことが、踊りたくなるような躍動感✨につながります?

またカンタービレ奏法に必要なレガート。。9歳、10歳で美しいレガートを弾くことはとても難しい思いますが、上位に入賞した方たちは歌うことも上手で指先のコントロールもよく出来ていました?

さらにハーモニーの色合いも表現できている方がほんの少しいました。インヴェンションは二声ですが背景にあるハーモニーを感じて翳りや輝きを表現できるのが理想です?メダルの色はそんな視点で差がついたように思います。

今年は誰もエントリーしていませんでしたが、とても勉強になるコンクールです?ほかの教則本とも並行して受けられますので、来年はぜひ皆さんチャレンジしてくださいね❗️

同じ日に表参道のカワイでプレミアムコンサートが開催されました?教室からも8名の方が出演しました✨このコンサートはピティナのコンペ、提携コンクールで予選を通過した方に参加資格があり、またメンターという3名の先生方からのコメントもいただけるコンサートです?全国金賞受賞者もいらして素晴らしい演奏を聴かせて下さったようです。聴けずに残念でしたが、沢山の刺激をいただけたのではないかと思います✨ピアノが上手になりたいって気持ちをこれからも応援していきます✨