4月の頭に緊急事態宣言が出てから約1ヶ月半、レッスンも8割オンラインで行っています。

そんな中、週に一度のオンラインソルフェージュを開講し、また今日は2度目のオンライン弾き合い会を企画しました。zoomの有料会員にもなり、我が家のWi-Fi環境も改善され、今日は生徒さんたちの演奏もかなりクリアに聴こえ楽しい弾き合い会となりました。

今期はピティナのコンペティションが『課題曲チャレンジ』という課題曲を使った代替のイベントとなり、残念である一方、レッスンもままならない中、勝ち抜くためではない『自分力』で自由にエントリーできる機会となりました。活用方法は様々だと思いますが、コンペティション同様、5名の審査員のコメントと点数がいただけて、真の実力を試す機会にもなると思います。コンペティションの準備をしていた生徒さんの大半がチャレンジして下さり、またこの形態なら!と新たに参加してくださる方もいて大変嬉しく思います。

目標が次々なくなる中、生徒さんたちはビックリするほど、よく練習をして次々と新しい曲を弾いています。今日のオンライン弾き合い会でもレッスン回数が少ない中、皆さん実によく弾いてくださり、一人ひとりの底力に感心しました。やはりどんな小さなものでも目標を設定することの大切さを痛感します。

そろそろ緊急事態宣言も撤回され、学校その他が再開されるようですが、引き続き気をつけながら過ごしていく必要があります。対面レッスン、オンラインレッスン、それぞれをうまく活用しながら生徒さんたちの学びを止めないよう頑張って行きたいと思います